税理士法人スバル合同会計 秋田谷東京事務所長・永易様 | 株式会社カルティブ 株式会社カルティブ

インタビュー

税理士法人スバル合同会計 秋田谷東京事務所長・永易様

税理士も注目している「企業版ふるさと納税」の取組みに提携することで、先陣を切る

税理士法人スバル合同会計

関与先企業一社一社のオーダーメイドに応えることを目標に2002年に設立。税理士だけではなく司法書士・社労士・行政書士のネットワークを形成し、また、必要に応じ他士業の専門家とも連携体制を確立し、総合的にサポートする点が特徴。税理面のみならず法務面の相談にも対応できる。

インタビュー:
税理士法人スバル合同会計 秋田谷東京事務所長・永易様
カルティブ 池田

「波長が合う」と紹介された会社は
税理士の領域を先行して深掘りしている会社だった。

− 税理士法人スバル合同会計についてご紹介をお願いします。

秋田谷
税理士法人なので、税金の申告に関してのサポートをすることが中心です。そこから派生して、労務、登記、事務などをワンストップでできる体制を整えています。全国200名ほどの規模で、中小企業を中心にサポートしており、カルティブさんのようなこれから伸びていくようなクライアントとお付き合いしています。
池田
秋葉原という立地もあって魅力的で個性的なクライアントさんが多くいらっしゃる印象です。

− どのような経緯でお知りになったんですか?

池田
共通の知人からの紹介です。元々税理士だった方が多忙になってしまって、急遽探し始めたのがきっかけです。信頼できる方から「池田さんに合う会社はここしかないよ!」と紹介していただきました。実際、波長とかスピード感の両方がマッチしているんでしょうね。お付き合いしていてすごく楽しいです。
秋田谷
「波長が合う」と言うのは私も感じます。将来的な展望や、ビジネスのアイディアやその構築などのお話が明瞭で刺激的です。我々税理士にとっては「企業版ふるさと納税」は非常に興味があるんですが、普段携わる機会が少ない分野でもあるんです。
カルティブさんはその領域を先行して深掘りされていて、今後の展開が非常に楽しみです。
会社の方向性や、池田さんのキャラクター含めて、携わっていて楽しいと言うのが率直な感想です。

一般的な税理業務を越えて、セミナーに登壇。
勢いがあるので信頼しています。

− これまでどういったご相談をされたんですか?

池田
一般的な税理業務以外に「企業版ふるさと納税」を導入した場合の寄付企業のシミュレーションモデルの監修もしていただいています。
秋田谷
取り扱っているサービスに対して我々がご協力できる分野だったのでアドバイスをさせていただきました。実際、試算などやってみると馴染みがないので非常に勉強になります。
池田
このまま企業版ふるさと納税の講師になってもらう予定もあります。税理士として専門性を持ったパートナーとして考えています。
池田
2020年末、​税理士による税理士のための「企業版ふるさと納税セミナー」と言うことで税理士向けのセミナーに登壇してもらいました。秋田谷さんがおっしゃったように税理士さんが知る機会がまだないので。
秋田谷
税理業務は国税がメインで、行政が関わってくることはそれほど多くありません。これからはとても重要な分野として注目している税理士は少なくないんです。
秋田谷
セミナーの中で概要の説明と手続きの流れを説明しました。具体的な手続きや各種書類の記載方法、が複雑なので説明がないと理解が難しいです。その他、導入事例なども紹介しました。
池田
今後も、同様のセミナー企画しています。
秋田谷
2ヶ月ほど一生懸命勉強しました。池田さんの人を巻き込む力はすごいですね。もちろんいい意味ですよ。
池田
その甲斐あって「企業版ふるさと納税」について新たにご相談いただく機会が増えたんですよ。
秋田谷
今日午前中に訪問したクライアントからも活用したいというご相談を受けました。
池田
おお!おすすめの地域をご紹介します。

カルティブの成長と同時に分野の成長も起こるのが社員の視点で楽しみ。

池田
秋田谷さんと永易さんは、我々の理念にうまく寄り添ってサポートしてくださっていると言う感じです。あと、勢いがあるので信頼しています。秋田谷さんと永易さんならなんとかなるって。
秋田谷
やればなんとかなる、とは思ってます。

− カルティブへの期待や希望はありますか?

秋田谷
非常に面白い取り組みをされているので、この調子で、この分野と同時にカルティブさんが成長されていくのを見届けたいです。次のステップでどう舵を切ることになるのかはまたその時になってみないとわからないと思いますが、まずはそこまでを一緒に走れたらと思います。おこがましいですけど、会社の一員のような気持ちで成長を楽しみにしています。
永易
私もこの分野は将来的に当然伸びると思っていて、一般的に浸透していくのを楽しみにしています。カルティブさんだけでなく、制度面が徐々に変わっていくのも興味深く、秋田谷と同じく会社の一員のような感覚で見守っています。
池田
カルティブにはさまざまな協業パートナーがいるんですけど、秋田谷さんと永易さんは特別な位置付けにいらっしゃいます。企業版ふるさと納税の制度の根幹を担う「税理士」という人たちをある意味牽引してくれる存在です。
こんなお願いをしても「面倒だからやりたくない」とおっしゃる税理士さんも少なくないと思うんです。ただ、そうもいっていられない世の中の状況になった場合、スバル合同会計さんが先導してくれたらありがたいと思っています。