高大連携プロジェクト・福島空港活性化「福島 S-HART 事業」の新商品デザインをサポートしました | 株式会社カルティブ 株式会社カルティブ

NEWS お知らせ

高大連携プロジェクト・福島空港活性化「福島 S-HART 事業」の新商品デザインをサポートしました

この度、カルティブは福島県立須賀川創英館高等学校と千葉商科大学の共同プロジェクトとして進行してきた「福島 S-HART 事業」が、新商品「伝右衛門 La BeeNIR」の発売を発表したことをお知らせいたします。この高大連携のプロジェクトにおいて、カルティブはデザインと教育を通じて地方創生の実現を目指し、本プロジェクトのデザイン全般をサポートしました。

「福島 S-HART 事業(※)」は千葉商科大学とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の協力のもと、地方創生・SDGs推進の共同プロジェクトとして始動しました。現在は東日本大震災の復興と地域の活性化を中心に、高大連携プロジェクトとして須賀川創英館高校オフィス情報科と連携しながら養蜂を介した地方空港活性化のモデル構築を目指しています。

千葉商科大学の取り組みとして、令和2年10月に「地方創生・SDGs推進に向けた連携協定」を締結し、さまざまな活動を展開してきました。具体的には、伝右衛門ハチミツを使用したレシピ・コンテストの実施や、最優秀メニューの販売、伝右衛門ハチミツ養蜂場の視察などが行われました。


この度、福島県立須賀川創英館高校オフィス情報科によって商品開発された須賀川地域の特産品である「伝右衛門はちみつ」を使用したバスクチーズケーキ「伝右衛門 La BeeNIR(ラ・ビーニャ)の販売会が福島空港で実施されました。
伝統と新しさを併せ持つ商品として、地域の活性化を目指しており、特別な日や家族の団欒の時に楽しめる一品として開発されロゴデザインは、カルティブの竹村がサポートいたしました。

当日の様子
当日の様子

10月5日に福島空港ふくしま逸品堂で発売し、須賀川創英館高校の生徒、千葉商科大学の学生達によるPR販売が行われました。その効果もあり初日は200個を完売しました。

商品概要


商品名: 伝右衛門 La BeeNIR
価格: 600円+税
製造者: グランシア須賀川 スイーツ部門「CAMERINA」
蜂蜜 須賀川養蜂 「伝右衛門はちみつ」  佐藤貞和代表


 


 商品名について

ラ・ビーニャとは、バスクチーズケーキのバスク地方での呼び名であり、バスクチーズケーキ発祥のお店の名前でもあります。語感や言葉の新しさや印象から選定しました。本来は、「La Viña(ラ・ビーニャ)」と綴りますが、「Vi(ビー)」を「Bee」と書き換え「ミツバチ」に、「ña(ニャ)」を「NIR」と書き換え「近赤外線(Near-infrared, NIR)」にしました。近紫外線は、農薬などの毒におかされたミツバチの生存率を高めた研究があることに由来して引用しました。
なお、商品名に関してはオフィス情報科で307個の候補を挙げ、その中から選抜した8つ(ミツバチのハチ(8)にちなみました)をプロジェクト関係者に提示し決定しました。


伝右衛門について

伝右衛門とは、明治時代に須賀川市の商家に生まれ、県立病院の誘致や須賀川市農業の近代化、産業発展に寄与した橋本伝右衛門のことです。明治10年に、成長の早いニセアカシアの苗木を東京から5本購入し、災害防止や燃料にしました。今も須賀川市ではたくさんのニセアカシアの木が見られます。

ロゴデザイン

カルティブの関わりは、だいがくアシスタンス支援の一環として参画し、高大連携のプロジェクトにデザインと教育を通じて地方創生の実現に協力しています。
新商品のロゴデザインに関しては、カルティブでデザイン領域を担当する竹村が高校生、大学生、試食会のアンケートの結果をもとに完成させました。

ロゴに込められた想い

今回のロゴ制作では、生徒からもらった情報を集約しながら商品用のデザインへと完成させていく作業が主な役割でした。蜂をモチーフにしたマークやデザインの基本形は、高校生のアイディアを元にしています。多数のアイディアやコメントを生徒からもらったのですが、情報の取捨選択にとても苦労しました。
商品の魅力はもちろんですが、「須賀川の地域を知ってもらいたい」という生徒の思いがデザインからも伝わると幸いです。

※注釈1

福島S-HART事業について

S-HARTは、Sustainable-Honey Airport & Resilient Townの略で、「エス ハート」と読み、「持続可能な養蜂事業を活用した空港と復元力のあるまちづくり」の意味を持ちます。この取り組みを通して福島空港支援と地域活性化を目指しています。福島は、福島県・福島空港を指しています。

(※Resilientは、「(ネガティブな状況からの)回復力」や「(人の性格が)快活な」などの意味もあります)

主催 福島S-HART事業 

福島県立須賀川創英館高等学校 千葉商科大学

福島S-HAR業参加団体

千葉商科大学
福島県立須賀川創英館高等学校

株式会社ふるサポ
グランシア須賀川 CAMERINA 
須賀川養蜂 伝右衛門はちみつ
銀座ミツバチプロジェクト
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
株式会社プロシード
株式会社ANA総合研究所
福島空港ビル株式会社
株式会社カルティブ

お知らせの一覧を見る